お祝い金〜いくら?〜

2月 時候の挨拶


【表紙のページに戻る】

 
 
【このページのトップに戻る】

2月

向春の候 / 残寒の候 / 春寒の候 / 梅花の候
晩冬の候 / 余寒の候 / 晩冬 / 立春 / 余寒 / 残寒


春とは名ばかりでまだ真冬のように寒く
冬の名残りがなかなか去らず / 梅のつぼみもそろそろ膨らみ
三寒四温とか言われる季節 / 余寒きびしき折から / 春まだ浅く
立春とは名ばかり / 春とは名のみの寒気続く折

学生生活もいよいよ最後の試験を残すのみとなりました。

昨夜遅くに降り始めたらしい雪で、今朝はにわかに一面の銀世界です。

寒さ厳しき中にも、軽やかな春の足音が聞こえてきそうなこの頃です。
 
思わぬ大雪に、春も遠のく思いが致します。

春一番が吹き抜けて、心持ち暖かくなってきた気のする今日この頃

水もぬるみ、梅の便りも聞かれる時期となりました。

相変らずの寒さながら、このところ日が長くなったように思います。
2月 上旬
冬来たりなば、春遠からじ、と申します。

こちらでは雪に閉じ込められる日が続き、春が待ち遠しい限りです。

春とは名のみ、寒さがぶり返してきたような今日この頃です。

梅見月の名のとおり、つぼみの膨らむのと共に日に日に春めいてまいります。

当家の庭では気の早い梅のつぼみがほころび始めました。

余寒(春寒・残寒・晩冬)なお厳しい折、皆様、ご息災にてお過ごしのことお喜び申し上げま
す。
立春を迎えたというのにいまだに白いものがちらつく日々が続きます。

立春とはまさに名ばかりで、変わり無い寒さの日々が続いております。
2月中旬
寒気も少しずつ緩みはじめ、ここしばらくは心地好い日々が続いています。

軽暖の候、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
 
春寒の候、いかがお過ごしでしょうか。

節分も過ぎ、日差しも春の気配を含んでいる様子です。

雪解けの水もようやく緩み、春の兆しが見え始めました。

梅のつぼみもほころびはじめ、日ごと春の訪れの近いことを感じます。

余寒の中にも、日差しの暖かみを感じられる季節になってまいりました。

立春が過ぎたと思うと、こころなしか和らいだ気持ちで過ごせます。
2月 下旬

朝の寒さは身にしみるものの、日だまりの暖かさには春の到来を感じます。

寒さもやや緩み、待ち遠しかった春の訪れに快さを覚えます。

三寒四温の季節、皆様お健やかにお過ごしでしょうか。

どこからか鴬の声も聞こえ、庭での物干しも楽しい季節となりました。

少しずつですが日足も伸び始め、春の訪れが感じられます。

水ぬるむ候、皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。

桃の季節も近づきましたのに、春は足踏みを始めたかのような毎日です。

余寒の候、皆様お変わりございませんか。私どもも一同つつがなく消光致しております。


 
 【このページのトップに戻る】


トップへ
トップへ
戻る
戻る



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO